日本の山にもブルーベリーが自生?!


夏のフィンランドでは

そこら中にブルーベリーが自生していました

フィンランドのブルーベリーは

背丈が20センチほど

こんな道具を使って

ザザザーっとすくい取って収穫するそうです

北欧、暮らしの道具店 さんより

日本でのブルーベリーといえば

背丈は低木程度

庭に植える果樹として人気です

1本だと実がつかないので

2本以上植えてたくさんの収穫を楽しんでください

日本の山にもブルーベリーの仲間は自生していて

これも庭木として植えられます

一般的なブルーベリーとは違い

一年中、葉をつけている常緑樹

常緑樹だけに

全体的な木の印象は少し硬い感じ

でも

今の時期の実は可愛い

Laboにも植えています

食べごろは

もっと熟してからの方が良いのでしょうが

見ごろは今ですね^^

名前は「シャシャンボ」といいます

ブルーベリーと同じく

アントシアニンがたくさん含まれているそうです

小さな小さな実なので

ベリーとして収穫したいなら

やっぱり一般的なブルーベリーを

冬でも葉をつけていてくれる緑として

と考えるならシャシャンボを

我が家の庭なら?

どちらがいいか選んでみてください^^

ーーーーーーーーー 「嬉しかっタネ!」 そう思える時間をGokanshaの庭で ーーーーーーーーー

Garden Life Labo でお持ちしています^^

#ラボの様子 #ハーブの活用 #暮らしのこと

​ゴカンシャ

Copyright(C) 2016 Gokansha All Rights Reserved.