真冬でも外で過ごすため!


北欧報告 その1

冬の長い北欧

夕方の3:00pm には暗くなる

日中も、どんよりしていて空はグレー

そんな気候の中で暮らす人たちにとって

緑鮮やかな植物や外で過ごす時間を楽しめる

短い夏は、とても貴重な季節

少しでも春めいて来たら毛布にくるまってでも

外で過ごしたい

少しでも日射しを受けたい

のだそうです

だから

もちろんレストランも外営業

いたるところにテーブルとチェア

街中の飲食店以外のShopの前にも

小さなチェアを置いているところが多い

これは少しディスプレイっぽくもあるけど

気になったので聞いてみたら

働いている人たちが

スキあらば外で日を浴びたいから!

自分たちのためのものだったのか・・・^^;

ヘルシンキ中央駅近く

中心部の緑地でもこんな感じで過ごしてる

空気は乾燥してて過ごしやすいし

虫も少ないから

外で過ごしやすい環境ではある

肌寒いくらいは

たくさん服を着ればいいのだし

ここまでは

そうなんだね〜と素直に受け取っていた

でも

ストックホルムでのお宅訪問にお邪魔した家では

庭にグラスハウスを新しく作ったのだと

中は、まだガランとしてました

ガラス張りの小さな家のようなもの

写真は撮れなかったのでイメージを

何をしたくて建てたの?

「これで、真冬でも外で食事ができるでしょ^^」

えーーーーー!!

雪、降りますよね?積もりますよね?

そこまでして、外に出たいのー?!

北欧の人たちは

「心地よい」に貪欲だと聞きました

自分たちが楽しむために工夫を凝らす

そして自分自身でコツコツと手を入れる

今の自分たちの家は

 今までの家族の歴史の積み重ねでできている

 家にあるものは

 ずべて愛情を感じているもの

 家にいると喜びを感じる

先のグラスハウスの家族の言葉です

家がどこよりも大切で心地よく過ごせる場所

そうなるように自分たちで作っていく

インテリアも庭も家族との関係も

私たちは

そこにもっと時間と意識を使ってもいいんじゃない?

そうすることで

もっと豊かさを感じられる暮らしを手に入れられる

そう強く感じてきました

ーーーーーーーーー 「楽しかっタネ!」 そう思える時間をGokanshaの庭で ーーーーーーーーー

GardenLifeLabo でお待ちしております^^

#暮らしのこと #デザインのこと #お出かけ #TOPに表示

​ゴカンシャ

Copyright(C) 2016 Gokansha All Rights Reserved.