ココロが動く瞬間


毎日の生活の中で

ココロが動く瞬間はどれくらいあるだろう

今日もカワイイね

やっぱりコレいいよね

今朝のコーヒーも美味しい

ムフッ^^ってひとりニンマリする瞬間

あっ。今日も新しい蝉の抜け殻

蝶がペアで飛んでる

小鳥が遊びにきてるよ

視線の先に見つけた瞬間

ちょっとココロが動く

そんな瞬間がたくさんあればあるほど

毎日の中で豊かさを感じられる

そう感じたいから

何度もなんどもココロを動かされたいから

好きなものに囲まれて暮らしたい

インテリアを整えたい

ペットと暮らしたい

庭を素敵にしたい

緑を育てたい

そうなんだと思うのです

昨年の秋に出版した

「毎日を自然と暮すー都会でも庭と緑を活かすライフスタイルへ」

には、そんな瞬間を増やすヒントを詰め込みました

冒頭の前書き部分です

「毎日を自然と暮すー都会でも庭と緑を活かすライフスタイルへ」

はじめに

朝、目覚めてカーテンを開ける。空と緑をチラリと見る。「今日は晴れそう・・」お天気を確認してキッチンへ。私の一日は、そんな感じで始まります。

 ガーデニング好きだった義理の両親から「もう手入れができないから、好きにしていいよ」と同居を機に庭を譲ってもらいました。

23年間、住まいの外(そと)空間の設計デザインを仕事にしてきて辿り着いた「理想の庭との暮らし」を少しずつカタチにしています。

 私の理想とする「庭との暮らし」は、たとえばハーブを植え、収穫をして料理や掃除に利用したり。小鳥と競いながらジューンベリーの実を採り、そのまま味わったり。剪定した月桂樹の枝葉でリースを作り、香りに包まれてみたり・・・

庭にある緑が、毎日の暮らしで役立つこと。そして、庭の空間は眺めるだけでなく、日々の生活で使い倒せること。

 思い描いていた暮らしを少しずつ実践していく中で、想像以上の発見と驚きに出会っています。

子供の頃は蝿を見ても怖くて泣いていた私ですが、カマキリと目があってお互い硬直したり、ムシャムシャ葉を食べるイモムシの大きな糞にビックリしたり、トカゲやバッタの交尾を眺めたり、アシナガバチは大人しいと知ったり・・・未だに虫たちを触ることはできませんが・・・

 決して広い庭ではないけれど、空や風や光を感じ、植物や虫たちが当たり前にそこにいる毎日に、自分自身も自然の一部だと感じさせられます。

そしてそれは些細なこだわりを忘れさせ、心を柔らかく大らかに豊かにしてくれるようです。

 暮らしに豊かさを感じる瞬間は、家での当たり前の毎日に少しの手間をかける、そんな小さな時間の中にあるような気がしています。

 庭と暮らすような毎日は、広い庭がないと叶わないと思う人が多いようですが、そんなことはありません。

道路から玄関に向かうアプローチでも、車を停めるスペースでも、玄関ポーチでも、マンションのベランダでも「暮らしを楽しめる庭」にする方法はみつけられるはず。

 本書では、植物との付き合い方や活用方法から、心地よい空間づくりや庭のデザインに関しても紹介しています。

家での時間を楽しみ日常を豊かにする、緑のある暮らしづくりにつながるヒントになれば幸いです。                     

冨田ちなみ

「毎日を自然と暮すー都会でも庭と緑を活かすライフスタイルへ」  より

ーーーーーーーーー 「楽しかっタネ!」 そう思える時間をGokanshaの庭で ーーーーーーーーー

GardenLifeLabo でお待ちしています^^

#メディア #暮らしのこと #デザインのこと #TOPに表示

​ゴカンシャ

Copyright(C) 2016 Gokansha All Rights Reserved.