「神々の島」の暮らし


「神々の島」と呼ばれるバリ島

先日、訪れた時は

日本でいうと「お盆」のような時期だったようです

ご先祖様が帰ってくるとき

毎日のようにお祭りらしきものを見かけました

ウブドから20kmほど北上したところにある「ジャティ村」は

10年ほど前まで、まだ物々交換で成り立っていた村だそう

家の前には龍のような背の高い飾り

ここにご先祖様が降りてくるのだとか

家の前にお供えをする習慣があるのですが

この背の高い装飾はこの時だけのものだそうです

ひとつひとつの村に必ずお寺があって

そして、それぞれの家の敷地の中にもお寺がある

ジャティ村の入り口にあったお寺

お供えを持った女性が入っていくところでした

頭の上に乗せて運ぶバランスの良さに感心したけど

こちらでは当たり前なんですね^^;

今では、さすがに物々交換ではないようですが

村で暮らす人たちが必要なものを作ったり売ったり

観光産業のお仕事、お土産作ったりホテルで働いたり

マリーゴールト畑 ホテルの装飾にも使われました

塀や家の壁をつくるブロックの製造

鉄筋を入れる穴はあいてません^^;

何だかわかります? ガソリンスタンドです

移動にはバイクが足になるBali

ペットボトルに入れて売られてるところも

のどかで平和で

無くしてしまったものを見ているようでした

でも少し学歴を意識する人も出てきているとか

Baliの田舎の暮らしは

これからどんな風に変わっていくのでしょう

このままであってくれたらな・・・

と思うのは、あまりにも勝手な思いですね^^;

テレビもあるし、バイクで観光地のウブドまで1時間もかからない

そんな場所で今の生活が残っているのだから

もしかしたら

今の生活を選んで、このまま続くってことも・・・

数年後に、また訪問して確かめてみたい

そうそう

ウブド散策の途中で バイクで転んだ男子を見かけたのです

ゾロゾロと後続のバイクが停車して

バイクを起こしたり

男子を起こして移動させたり

周りの車を停めたり整理したり

驚くほどたくさんの人が関わって

彼を助けていたのですね

当たり前のことだと思うけど

今の日本で、こうなるかな?と

日本なら警察に連絡したら

まずは加害者扱いされる と経験者が言っておりました

そんな状況だから関わらないほうがいいと

思う人が増えるのですよね

そんな話をしながら

昭和の日本を懐かしんでおりました

ーーーーーーーーー 「楽しかっタネ!」 そう思える時間をGokanshaの庭で ーーーーーーーーー

GardenLifeLabo でお待ちしています^^

#暮らしのこと #お出かけ #TOPに表示

​ゴカンシャ

Copyright(C) 2016 Gokansha All Rights Reserved.