北欧の都会でコンパクトに住む人の庭


今回訪問したストックホルムとコペンハーゲンは

古くからの建築を大切に残している旧市街も多い

なぜなら

スウェーデンは200年の間戦争に加担していないし

デンマークは美しい街を破壊されたくないと

ドイツ侵攻の数時間後に降伏したから

そこは中心地の便利な地域になっているのだけれど

とてもコンパクトに住まうことになる地域でもある

外壁がカラフルなのは

日照時間が短い、長く寒い冬に

心を明るくするためかもしれない

少し新しめの建物にはベランダがあるけれど

古い建物には小さめの窓しかありません

寒く暗い冬をしのぐことが重要課題

ということは大きな窓は不要なのかな

個人の庭は持てない都会ですが

共有の庭がある建物は多かったです

パリやベルリンでも良く見かけるスタイル

道路から門を抜けると中庭があります

長い冬が過ぎて暖かくなってくると

住人たちが外に出て

思い思いに過ごすそうです

陽射しを浴びたい!その要求は

私たちより、ずっとずっと強い^^

ご近所さんが集まって、一緒に食事をしたり

BBQをしたりすることも良くあるそうです

庭のない地域で暮らす人にとって

夏の時間を楽しむ場所は

「サマーハウス」や「コロニーロット」

夏休みや週末は

思う存分に自然を感じて過ごせる

プライベートな空間

宿泊したホテルのすぐ横にも「コロニーロット」がありました

カラフルな小屋が並んでいて

夏は賑わうんだろうな〜って想像できます

畑がメインの庭やちょっと作り込んだ庭

広いウッドデッキがある庭

いろんなタイプの庭がありました

夏にもう一度見てみたい場所です

「サマーハウス」も訪問してみたい

どんな過ごし方をしているのか

とっても興味があります

庭仕事をして陽射しを感じて

家族とのんびり過ごす

何よりも贅沢で心豊かにしてくれる

彼らにとって当たり前の休日の過ごし方なんだろうなと

想像が膨らみます^^

ーーーーーーーーーーー

「心地よかっタネ!」 そう思える毎日を Gokansha の庭で

ーーーーーーーーーーー

Works は、こちらからご覧いただけます

#TOPに表示 #デザインのこと #お出かけ

​ゴカンシャ

Copyright(C) 2016 Gokansha All Rights Reserved.