10㎝のスキマを侮るな

アプローチや駐車場や玄関周りに緑があればいいのは解っている。

でも、我が家にはそんなスペースがないんだから仕方がないじゃない。


緑に癒される瞬間が生まれる、そんな余裕はない。


もし、そう思っているなら

もう一度、しっかり見直してみて欲しい。


10センチの隙間があれば、しっかり育ってくれる植物はたくさんあります。




駐車場の床と隣地境界塀の境目、床を壁から10センチ離して土の部分を残しています。


どんな植物でも育つわけではなかった。最初は、いろいろ植えてみました。

ここ数年は、育ちすぎて邪魔なものを剪定しているだけです。


クシャッとしてますが、私はこんなナチュラルな雰囲気が好きです。


コンクリートが壁まで床を塞いてしまっている状態とは、全く違う空間に育っていきます。


もし、すでにコンクリートで埋まってしまっているなら、床を部分的に解体しても良いと思う。それくらい、10センチの隙間には価値があります。


ちなみに、この床は土を固めたものでコンクリートではありません。

透水性のある床なら水の浸透する量が多くなるので、より植物が育ちやすいです。






0件のコメント

最新記事

すべて表示